Blog

ブログ

2014.1.29.(水)

春になったら

三国にある通称「鴨池」

名前の通り鴨がいます。

暇そうカモ。

ちょっと切れてるカモ。

ここ数日は、何となくだけど、早くも春の空気のようなものを感じる。春夏秋冬どの季節が好きかと聞かれたら、全部好きだと答えます。昔は夏は暑いから嫌、冬は寒いから嫌、春は何となく嫌、秋は寂しいから嫌、などと言っていたものですが。今はどの季節もそれぞれ好きです。

今は冬ですね。冬は、身体の内側と外界との境界のその輪郭が、もっとも強く顕れる季節だと思う。寒さが存在を強調する。気分が張りつめてくる。嫌いじゃない。人の存在をもっとも感じる季節でもある。他人が妙に優しく見えたりね。家々の灯りが暖かかったり。

春は、なんか不思議な季節ですね。冬の寒さから一転して、どんどん緩んでいく季節ですね。ポワーンとしているっていうか。でも縁(えにし)をもっとも強く感じる季節。出会いと別れが多いからね。あのポワーンとした感じも嫌いじゃないよ。何となく現実感がないというか。ドリーミーですよね。現実感がないのに現実にさらされるから五月病なんかになっちゃう奴がいるんだろうかな。笑

春になったら、春になったら、この池の鴨たちはあたらしい土地に旅立っていくのでしょうか。春になったら、春になったら僕も新しい世界へと旅立って行くのだろうか。

多分、

春になったら。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
日本語が含まれない、URLが4つ以上含まれる場合はスパムとみなされ無視されます。