Blog

ブログ

2014.2.10.(月)

カツ丼行脚

最近福井関連の本を読むことが好きである。

分野は何でもよく、形態も何でもいい。歴史、経済、食。単行本でも雑誌でも何でも。外国に行くと、日本のことがよく見える場合がある。それと同じように、県外暮らしが長かったせいか、地元に居続けた人では気付かないようなことも僕は気付けるような気がしている。最近地元の食べ物にも興味しんしんですね。

ソースカツ丼。福井でカツ丼を頼むと、玉子のカツ丼は出てこない。福井でカツ丼と言えばソースカツ丼なのだ。このソースカツ丼、昔地元にいた時はあまり好きじゃなかった。給食なんかでもたまに出ていたんだけど。ほら、豚カツとかさ。頼んでもいないのに勝手にソースかけてくる人いるでしょう。ソースカツ丼ってそんな感じでした。ご飯の上にソースに浸したカツが乗ってるだけだし…。何というか身も蓋もない感じ。

ところが、ここ近年は、というか福井に帰ってきてからはソースカツ丼の方が好きなのです。何でそうなのかはよくわからぬが。玉子のカツ丼に飽きただけかも知れんが。ただ、「むうっ!?結構これは奥が深い食べものなのではないか?」と思っているのは確かで。

福井ではソーツカツ丼の元祖「ヨーロッパ軒」がやはりよく知られていますね。恥ずかしながらですよ。昔はソースカツ丼自体あまり好きではなかったので、僕はヨーロッパ軒に一度も行ったことがなかった。昨日。とうとうデビューしました。鯖江にある分店です。

ヨーロッパ軒神明分店

ソースカツ丼が好きになったので、「福井県ソースカツ丼行脚」という個人的企画を勝手にやるつもりでいたんだけど、なかなかできずにいた。しかし、重い腰をとうとう上げ、企画スタートゥ!!

ヨーロッパ軒は店ごとにメニューや感じが若干違うようで、やはり企画主としては全店舗回ってみたいところであります。上の写真は「ソースカツ丼定食」であります。カツ丼(カツ3枚)に味噌汁、サラダ、香の物。豚カツは、ラードで揚げているんでしょう、昔ながらの肉屋の店先で揚げている揚げ物みたいな香りがするというか。いい感じです。カツ丼行脚のスタート地点ですから、ここが基準の味になるでしょう。

ちなみに点数が何点とかそういうのはやめておきましょう。正直ただの記録にしたいです。なぜなら一生懸命になりすぎると、カツ丼のブログになるからです。そしてこういうのは比較のために立て続けに食べに行くのがいいんだと思うんですが、それもやめておこうと思う。月に一回くらいになるかも知れませんな。

カツ丼だけでなくて、蕎麦とかそういうのも書いていくつもりです。

いずれは食いログに移行する予定です。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
日本語が含まれない、URLが4つ以上含まれる場合はスパムとみなされ無視されます。